前へ
次へ

1日3食を広めたのはエジソン?

青山の不動産とは、土地や建物(一戸建て、マンションなど)のことを言い、動産の対語として用いられる概念である。「不動」と言われるように、動かすことができないもので、これを買うことによって、人はその物にある意味において拘束されるという性格を持つ物である。また、青山の不動産である土地は、かつては土地神話と言われたように、戦後からバブル崩壊までの間は、右肩上がりでその資産価値が上昇し、だれでもがほしがった物であった。これは建物も近しい現象が起こっていた。しかし、近年においては、特に企業などではこの不動産を持つということは、会社の資産を硬直化することにより、大きな「お荷物」を抱えてしまうという感覚になったおり、ひいては不動産を資産として確保することよりも、手持ちの不動産を手放す=流動化させる企業が一般的となっている。

top用置換

top用置換2
Page Top